オススメの参考書

世界史の勉強を始める人は「ナビゲーター世界史」をまず使うべき理由を解説します!




ツッツーです

本日は世界史のオススメの参考書を紹介していきたいと思います

今日オススメするのは

「ナビゲーター世界史」鈴木敏彦著です




なぜこの参考書をオススメするのか?

それではなぜこの参考書をオススメするのか、解説していきたいと思いますね

説明が非常に丁寧でわかりやすい

まずこの参考書の長所としてあげられるのが

非常に説明が丁寧でわかりやすいということです

教科書を読んでも結構なんだこれ?みたいなところが多いんですよね

しかしこのナビゲーターを見ると

そういうことか!という風に簡単に理解できます

世界史初心者には非常にオススメです

世界史の流れがつかみやすい

世界史を攻略するポイントとして大事なのは

流れをしっかり理解することです

 

なぜこの時代にこの出来事が起きたのか?原因やその背景をつかむことつまり

歴史を流れで覚えることが大事

世界史を単語を覚えるゲームだと思っている人は

点数が伸びにくいです

歴史は流れで覚えるのです

この時代はこういう背景からこの出来事が起こったとか

この出来事が起きたからそれが要因でこの出来事が起きたとか

流れをしっかり覚えることで世界史は攻略しやすくなります

まず単元ごとに大事なポイントを紹介してくれている

この参考書のいい面としましては

単元の最初にその単元のポイントを解説してくれていることです

そのあとに詳しい説明を載せてくれています

そのためにまずは大事なことを把握できてからその単元に臨むことができます

これがないのとあるのとでは大違いです

何が重要で何がそこまで重要ではないのかを理解しながら勉強をすることができます

ポイントチェックがついていて演習もできる

この参考書、ポイントチェックの問題もついていて

実際に理解しているかどうか途中で問題を解いて確認できます

インプットだけではなくアウトプットもできるんですね

1冊でどちらもできるというのは非常に便利です




世界史のコラムがついており、世界史に対する興味が深まる

この参考書は筆者の体験など世界史のコラムが途中に挟まれているために

楽しみながら勉強をすることができます

読者を楽しませてくれる世界史のエピソードなどが数多く盛り込まれています

使うべき時期とレベル

受験生がこれを使うべきタイミングは受験初期だと思います

まずはこれを読んでしっかり世界史の流れを理解できると

その後の勉強に役に立ちます

また勉強をしている中で何かわからないことやなぜこれが起きたのか知りたい

という時に読むのもオススメです

レベルとしましては

センターレベルから国公立受験レベルまで対応してくれています

早慶などは少し単語などが物足りないと思うので他の参考書で補足して起きましょう

慶応の世界史を半年で8割以上に持っていくための勉強方法

早慶志望者はこの記事を参考にしてください

センターのみ受けるという人は十分この参考書だけで対応できます

また国公立の世界史の論述もこの参考書で勉強していると

書きやすいようになっています

なぜなら歴史の背景などをしっかり説明してくれていて

論述のテーマになりそうなことを数多く取り扱っているからです

そのために世界史が二次試験まであるという人は隅から隅まで読んで起きましょう

まとめ

世界史の受験勉強を始めるという人は買うべき1冊になっています

ぜひうまく利用してくださいね




ABOUT ME
toy0628@
暇でプログラミングをしていることが多めな大学生。色々なものを作ることが好き