受験のテクニック

合格最低点に達していても落ちる?!早稲田の成績標準化の怖さとは!




こんにちは!ツッツーです

過去問は解いていますか?

そして、合計点を計算してその年の最低合格点を越していて満足していませんか?

しかし、ここには大きな罠が隠されています

それは成績標準化という罠です




成績標準化とは?



そもそも成績の標準化とはなんなのかという人が多いかもしれません

私も途中まで知りませんでしたから

 

簡単にいうと科目の平均点に応じて、自分がとった合計得点から引いたり、足したりすることです

具体的にいうと

たとえばかりに英語を50点、 世界史を60点、 国語を60点とします

当然合計点は170点で合格最低点が160点なのであなたは合格だと喜ぶでしょう

しかし、成績標準化の式に当てはめると、世界史から実は20点引かれて不合格ということになることがあるのです

これを知らないと、大変ですね

 

なぜ成績の標準化を行うのか?



早稲田大学の入試では、科目によって平均点の差が大きく開いています

そのためそのままだと、、、

平均点の高い教科を選択した方が有利になるようになっているんです

こうした選択科目ごとの難易度の偏りをなくして、調整するために行われています

例えば日本史の平均点が30点で世界史の平均点が60点だったとしましょう

すると、世界史を選んだ人が圧倒的に有利になるでしょう

こうしたことを防ぐために存在しているのです

つまりこの成績標準化がないと、運ゲーになってしまう可能性もあるのです

その年の世界史だけが簡単すぎて世界史の選択者だけしか合格しないというパターンも生まれてくるのです




早稲田大学での計算式とは?


これは大学の秘密事項になっているので、一般には公開されていません

しかし、ネットなどを見るとある一定の公式などがあるようです

その中で信憑性が高そうなものを載せておきます

実際に取った点数ー平均点)× 0,25 +(取った点数ー平均点)+ 満点の半分の点数=標準化した成績

 

例えば100点満点のテストであなたが40点を取ったとしましょう

平均点が20点だとするとこの式に当てはめると75点になります

平均点が40点だとするとこの式に当てはめると25点になります

つまり標準化によってそれぐらい点数が変わる可能性があるのです

(もちろんこれは極端な例ですが、、)

じゃあ、どう対策をすればいいのか?


対策としてはできるだけ多く点数を取るしかないですね

その年の難易度によって全然平均点というものは変わってくるものですから

私は目安としては合格最低点より一割多くとれば合格できるものとして計算していました

例えばその年の合格最低点が6割5分だとすれば、7割5分を目標に頑張っていました

まあ、実際とにかく上の点数を目指そうということには変わりないのですから、

しかし、一番いけないのは合格最低点付近をずっと取っていて満足していることです

この標準化を知らない人が合格最低点を赤本で知って

「お、、これぐらいなら俺でもいけそう」

と思って受験するんですよね

しかし、実際の合格最低点はもっと高くて落ちてしまうというパターンが多いです




全部をバランスよく取らないと一気に点数が下がる?!



これがこの標準化の注意すべき点です

先ほど行った計算式に当てはめると、平均点以上とらないと一気に点数が下がります

そのため、科目によって得意、不得意の差が大きい人は注意が必要です

なぜなら、そういう場合には点数が変動しやすいからです

どの科目も安定的に取る必要があるのです

苦手科目がある人は早急に対策をとりましょう

私は英語が一番苦手だったのでその対策に一番時間をかけました

 

ここにタイトルを入力

早稲田大学には成績標準化という制度がある

これによって実際の合格最低点はより高くなる場合が多い

苦手科目をなくして、どの科目も安定して取る必要がある

実際の合格最低点より高く見積もって過去問を解く

ぜひこの標準化を頭に入れておいてくださいね

 





 

にほんブログ村 受験ブログへ
アフィリエイト人気ランキングはこちらです

 

 

ABOUT ME
toy0628@
暇でプログラミングをしていることが多めな大学生。色々なものを作ることが好き