勉強のやる気の上げ方

秋の勉強の進め方 この時期をしっかりやると合格が現実を帯びてくる

こんにちは!ツッツーです

みなさんは今どんな勉強をしていますか

試験には様々な計画の立て方があります

今日は秋から冬にかけての勉強方法について話していきたいと思います

夏はこの記事を読んで参考にしてみてください!




秋は一気に成績を伸ばすチャンス



私は夏に勉強を始めました

夏は平均13時間以上勉強しましたがそれでも成績が伸びませんでした

しかし、秋以降に一気に成績が伸びてきました

それはなぜかというと夏に基礎ができていたからです

基礎ができて秋になって初めて役に立ち始めたのです

またもう一つの要因として授業がしっかりわかるようになり始めたということが挙げられます

今までろくに勉強をしていなかった私にとって授業は正直全くわからないものでした

しかし人生で初めてしっかり勉強して授業が初めて自分で理解できるようになりました

授業を聞いていると「これ、夏やったところやん!」みたいな感じでテンションが上がって集中して授業を受けられるんですよね

その結果さらに勉強して成績が上がるというめちゃくちゃいい循環に入っていました

特に夏から勉強を始めるという人はこの秋に一気に成績が上がるはずです(もちろん夏にしっかり勉強しないといけませんが、、)

このボーナスステージを思いっきり活用しましょう!!

これは秋までにしっかり基礎を勉強した人のみ起きる現象です

特に夏から勉強を始めたという人はある程度の努力はそれまでに必要です

毎日10時間以上勉強を続けるための秘策とは?

この記事を参考にしてとにかく勉強の絶対量を増やしてください!!

 

秋は早めに演習に入る


今まではインプット中心の勉強法だったと思うんですが、秋はアウトプット中心の勉強に入ってください

言い換えると、暗記が中心の勉強と問題を解くことを中心とする勉強を並行して行ってください

この時期に問題を解くことによって今まで暗記していた知識が初めて自分のものになります

すなわち、初めて点数に結びつきます

 

演習の仕方やなぜこういう勉強法で点数が伸びるかは次の記事に書いているのでそれを参考にしていってください

覚える効率を10倍上げる勉強法とは?

これをすることによってさらに成績が上がっていきます

暗記だけだと実際の問題に対応できない点があります

対応力をこの問題演習でつけてください



センター試験や二次試験の過去問を徐々に解いていく



夏までに基礎力をつけたら過去問を解いていきましょう

最初の頃からの成長を実感できるはずです

私が秋に過去問を解いてみて感じたことを書きます

夏よりも全然英語の長文が読め始めた

前までは制限時間に終わらなかったのがなんとか間に合うようになり始めた

合格最低点に乗り始めるようになった

わからない単語が減ってきた

古文も大体話が理解できるようになった

他にもいろいろありますがこの辺にしておきます

とにかく自分の成長を実際に感じれることによってさらに勉強に励むこともできますしオススメですよ

また過去問を解いていくことによって演習もすることができるし、実際どんな問題が出るか研究することができるしオススメです




受験計画を立てていないのならしっかり立てる


この時期はいかに自分の計画通りに受験勉強を進めれるかが合格の鍵になります

まだ受験計画を立てていない人は早めに立てておきましょうあ

闇雲に勉強しても成績が伸びるかもしれませんが、合格する確率はグッと下がります

簡単に説明するとゴールから逆算して計画を立ててください

あと受験まで何ヶ月あるから、この期間は単語に費やす

2ヶ月単語だとして、300ページあるから1日に5ページずつ進めていくという風に

後ろから計算していってください

そうすると自ずと自分のやるべきことが見つかってきます

そしたら一気に合格への確率が上がりますよ

もし立てているという人も秋に入ってから一回見直してみてください!

 

まとめ

秋に一気に成績が伸びる

問題演習を始める

二次試験やセンター試験の過去問を解き始める

受験計画を見直す

ここまで読んでいただきありがとうございました

秋にしっかり勉強することによって一気に合格が現実味を帯びてきます

ここでくじけないことが大事です

頑張ってくださいね!




 

 

 

&nbsp


にほんブログ村 受験ブログへ
アフィリエイト人気ランキングはこちらです

ABOUT ME
toy0628@
暇でプログラミングをしていることが多めな大学生。色々なものを作ることが好き