未分類

隙間時間を活用すれば、成績が一気に伸びる!!

こんにちは!ツッツーです!

皆さんは最近は休み時間どう過ごしていますか?

友達と話すという人もいれば、寝るという人もいるでしょう

しかし、この隙間の時間を活用することによって、成績が大幅に上がる可能性があるのです

今日はその隙間時間の活用法を紹介していきます

 

隙間時間に単語を覚える

 

スキマ時間というのは数学の問題などじっくり考えることはできないけれど、ちょっとした暗記にはバッチリの時間です

 

私がやっていたのは単語の暗記です

 

今日はこのページをやるということを朝に決めておきます

 

そしてその日は空いた時にそこをさっとやります

 

一見するとあまり意味がないように見えますが、長い期間続けると大きな意味を持ってきます

 

もう忘れない!!受験勉強に必須な暗記法

 

こちらの記事にも書いていますが、人間の記憶には長期記憶と短期記憶の二つがあります

受験に必要なのはもちろん長期記憶です

 

定期テストなら確かに短期記憶でもいい成績がとれるかもしれません

しかし、入試はそうはいきません

 

範囲が広すぎるからです

 

そこでこのスキマ時間が活きてくるのです

 

スキマ時間の勉強によって、毎日同じところを何周もするとやがてその記憶は長期記憶になります

そうすれば、あとは時々復習するだけで忘れない知識になっているのです

 

忘れないようになるまで復習し続けましょう!

 

他の人の目を気にするな

 

学校によっては休み時間に勉強しているとクラスメートからウザい絡みをされることがあります

 

私の学校もそうでした

 

休み時間や昼休みに勉強していると、「あいつら、やばいな、休み時間は休んだ方が効率がいいやろ」

 

何度も言われました

 

しかし、私は気にしませんでした

 

その時には全く志望校に受かるというレベルではなかったのでそれどころじゃなかったのです

 

実際、それをやってから成績が伸び始めました

 

周りのことは気にしないでください

 

きになるという人は次の記事を読んでみてください

 

受験期間に人間関係を悪化させないためには?!

 

結局やったもん勝ちというのがあります

やった人が受かるのです

 

遅く受験勉強を始めて受かりたいという人はそういうところで人と差をつけないといけません

 

受験が終わった時やってよかったと思うでしょう

 

電車などの移動時間を無駄にするな!

人によっては遠いところから通っている人がいるでしょう

 

そんな人に声を大にして言いたいのは

 

移動時間をぼーっとする時間に使うなということです

 

確かに満員電車だったら、単語帳とか持つことができないかもしれません

 

しかし、教材がなくても勉強はできるのです

 

自分の頭の中で考えればいいのです

 

例えば、助動詞の活用形ってどんなんがあったやろう?とか思い出したり

 

世界史の流れを頭の中でイメージできたりします

 

考え方によってはいつどこでも復習できるのです

 

日頃からそういうイメージで生活していると一気に成績が伸びます

 

長時間勉強しているつもりなのに成績が上がらない人、

 

それはもしかしたら隙間の時間を有効に使えていないからかもしれません

 

もしくは質が悪い勉強法をしているかもしれません

 

もう忘れない!受験に必須な暗記法

 

そういう人はこの記事を参考にしてみてください

 

 

 

 

ABOUT ME
toy0628@
暇でプログラミングをしていることが多めな大学生。色々なものを作ることが好き