国語の勉強法

国語の文章題の最も効率の良い解き方を教えます!

こんにちは!ツッツーです

国語をやる時に文章をただなんとなく読んでいませんか?

そして問題を見て答えを考える

しかしその解き方だといつまでたっても成績が上がりません

そんなあなたに今日は国語の文章題を解く上でのテクニックを紹介していきます




文章を読む前に問題文に目を通す

国語の問題を解く時にいきなり文章を読みに行ったりしていませんか?

しかしそれをやると時間の無駄になります

特にセンター試験の問題は時間勝負です

先に問題文に目を通しておくと、文章に入る前にこの文がどういう文なのかがわかります

そのためスムーズに文章に入ることができます

またどんな問題が出るのか最初に頭に入っていると読んでいる時に考えることができます

とにかく最初にどんな問題が出るか把握しておくことによって、時間の短縮になります

さらっとでいいので問題に目を通しておいてください

 

1回目は文章をさらっと読む

次に文章を読んでいきますがそのときに大事なのはできるだけスピードを上げて読むということです

確かにじっくり読んだ方が内容も深く理解できるためいいかもしれません

しかし先ほども言ったように入試には制限時間というのがあります

その制限時間内に解き終わらないといけないのです

そのために1回目に読むときはさらっと読んでください

筆者の一番言いたいことを押さえる

しかしそのときに大事なことが一つあります

それは筆者の一番言いたいことを押さえることです

入試の文章というのはたいていがほんの一部分を問題に出しているパターンです

そのためにその文章の中で筆者の主張していることは1個がほぼ限界です

たまに2個主張している時がありますのでその時は気をつけてください

1回目の流し読みでは最低その主張を見つけてください

その主張がわかったらその文章というのはその主張を読者に納得させるための説明でしかないということがわかるはずです

接続詞にチエックを入れる

1回目の流し読みではもう一個しなければいけないことがあります

それは接続詞に印をつけることです

長文ではこの接続詞が重要になっています

それは英語でも一緒のことです

この接続詞を理解できれば国語の成績というのは一気に伸びます

しかしとか例えばとかなぜならとかに自分でわかるように印をつけておきます

私は接続詞を全て囲っていました

そうすれば、2回目に読んだときにわかりやすいです

この接続詞の説明についてめっちゃわかりやすく説明している参考書があります

それは「田村のやさしく語る現代文」です

この参考書はめちゃくちゃわかりやすく現代文のことについて書いてくれています

「正直国語とかセンスだろ」と思っていました

しかしこの参考書を読んだ時、国語というのは解くためのテクニックを知っておいたら誰でも高得点が取れるということがわかりました

この参考書では接続詞についてしっかり説明してくれています

とにかく一度読んでみることをお勧めします

内容は濃いけど、分量自体は多くないので1週間もあれば終わります

しかしその1週間で国語の成績がぐんと伸びるでしょう!

問題に該当する箇所の文章をしっかり読み問題を解いていく

そしていよいよ問題を解いていきます

どの問題でも下線部が引かれてあってそこに関連して問題になることが多いです

そして大体の問題はその下線部の中心を読んでいたら解ける問題ばかりです

ここでその該当箇所の文章をしっかり読んでいきます

なぜ最初にしっかり読まないのか?

それは最初にしっかり文章を読んだとしても長文だと細部は忘れてしまうので問題を解くときにもう1回読み直さないといけないからです

これが時間のロスになります

まず1回目の読みで全体の話を掴み、2回目の読みで詳しく読みましょう

そこで問題に答えていきます

 

もう一度順番を復習します

1まずはどんな問題が出るか見ておく

2問題文を軽くでいいので読む

そのとき、接続詞に印をつけておく

3問題を解く

そのときに解くために必要な文章の箇所をしっかり読む

 

 

この順番が様々な解き方でやって見た結果一番効率が良かったです

ぜひ試して見てください

 

そもそも国語の勉強の仕方がわからないという人は下の記事を見てください

 

国語で高得点を取りたい人に向けて1から勉強法を教えます

国語の単語力の重要性とは?

 




 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
toy0628@
暇でプログラミングをしていることが多めな大学生。色々なものを作ることが好き