小論文

小論文とはどう対策するべきなのか?そのやり方を教えます

こんにちは!ツッツーです!

みなさん、小論文の勉強をしていますか?

慶応の問題では小論文がある学部があります

慶応以外にも大学によって出るところがあるでしょう

これをなめてかかると痛い目にあいます

受かる人はしっかり対策しています

じゃあ今日は小論文とはどう勉強していくのか話していきます

 




 

まずは過去問を見てみる

小論文と一口に言っても色々あります

慶応の商学部みたいに穴抜きの論文テストみたいなのがあったり、

経済学部のように文章を読んで自分の考えを書くというのもあります

つまり自分の志望校に沿って対策しないといけません

そのためにはまず過去問を見る必要があるのです

ここではまだ解く必要はありません

とにかく傾向を知ることが大事なのです

そしてそこから対策を始めていきます

 

知識を貯めていく

小論文というととりあえず書いていくという人がいますが、半分正解で半分間違っています

なぜなら、小論文というのは知識がないと書けないからです

そのため序盤は知識を貯めていく必要があります

どんな知識を貯めていくかはさっき行った過去問次第です

例えば経済系の問題が多いとしたら、そっちの分野の知識を貯めていきましょう

医学系だったら医学の知識という風に人によって違います

そこは自分でどの知識を入れたらいいか考えましょう

私はできるだけ新聞で知識を貯めていました

新聞の経済の分野についての記事を読んでわからないところをまとめていました

小論文の題材というのはその前の年の時事問題から出されることが多いです

そのため、新聞やニュースなどは細かくチエックしていきましょう

そうして溜まっていった知識は小論文に役に立ちます

日頃からこの問題の本質は何なのか?という風に自分の考えを持っていきましょう

小論文を書くテクニックを学ぶ

知識をだんだん貯めていったら、次は書くためのテクニックを学びましょう

やはり小論文というのは書くための型というのがあります

そのためには参考書をやる必要があります

私がオススメするのは「小論文を学ぶ  知の構築のために」 長尾達也著 山川出版  です

私は参考書はこの1冊しかやっていません

それほど内容が充実しています

しかし生半可な気持ちでは始めないほうがいいです

結構な量があります

この参考書は第1部、第2部、第3部に別れています

第1部は小論文を書くためのテクニックを書いています

ここをしっかり読むことで小論文の書き方や本質というのが理解できます

まずはここをしっかりやりましょう

第2部は小論文を書くための知識を紹介しています

ここははっきりいって難しいです

かなり抽象的な話になっています

しかしもしここをちゃんとやると、大抵の小論文が簡単に思えてくるでしょう

それほど内容が難しいです

第3章は実際に問題を解いていきます

ここでは様々なタイプの問題が出されています

自分の受ける大学に似た形式の過去問もきっと見つかるはずです

それを一回解いてみて答えを熟読しましょう

また自分の過去問に似ていなくても、別に解いてみてもいいです

自分で考えた時間はきっと自分の力になるでしょう

 

過去問を添削してもらう

小論文というのは自分で採点しにくいです

自分の文章なので客観的に見れないことが多いです

別の人に見てもらいましょう

もし小論文の専門の先生がいないなら、国語の先生に見てもらいましょう

とにかく大事なのは他のしっかりした人に見てもらうということです

先生というのは受験のプロです

私たちが独学では知っていないことも知っています

先生からその知識を吸収しましょう

また添削ついでに受験の悩みなど相談して見ましょう

たいていの先生が親身に話を聞いてくれますよ

 

いつから小論文対策を始めるべきなのか?

対策を始めるのならできるだけ早い方が当然いいです

しかし、他の科目との兼ね合いもあります

特に慶応なら英語の対策が第一に優先すべきことです

英語の対策ができていないままに小論文の勉強をすることは避けるべきです

わたし的には秋頃から始めたらいいかなと思っています

しかしわたしと違ってもっと早く受験勉強を始めてという人もいるでしょう

そんな人は小論文の対策に時間をかけすぎないことを意識しながら、早めに対策を始めても構いません

とにかく小論文よりも先にやるべき科目を忘れないでください

それが終わったら始めるという感じで進めてください


いかかでしたか?

小論文の対策をする気になったでしょうか?

小論というのは勉強したら取れる科目なので勉強をするとしっかり点数に現れてきます

他の人で小論対策しないまま入試を受けるという人が結構多いのでチャンスです

小論文を勉強して他の人と差をつけましょう!!

 




 

 

 

 

ABOUT ME
toy0628@
暇でプログラミングをしていることが多めな大学生。色々なものを作ることが好き