オススメの参考書

センター試験の世界史で9割を安定して取る方法





こんにちは!ツッツーです!

今日は世界史の覚え方について話していきたいと思います

世界史って覚えにくいとか考えていませんか?

それはやり方が悪いだけなのです

やり方が良かったら一気に伸びる教科なのです

そして成績が上がるとやる気が上がります

そしてもっと勉強してもっと成績が上がるといういい循環に入ることができます

その方法を紹介していきます

もちろんこれは日本史も対応しているのでそれは安心してください




7割取るための勉強法 流れをまず覚える

世界史ってみなさんどう覚えていますか

カタカナが多くて覚えづらいという人もいれば、逆に覚えやすいという人もいるでしょう

私はカタカナの方が覚えやすかったです

両方に共通して言えることは昔から現在までつながっていることです

つまり流れがあるということなんです

その上でそれぞれの出来事に起きた理由や背景があります

それを考えることによってただ覚えることよりはるかに効率よく覚えることができます

じゃあ、どうやって流れを確認すればいいのか?

私がオススメするのは教科書を音読することです

最初はこれで世界史の流れを確認します

早稲田や慶応レベルの世界史の勉強法

音読の具体的な方法についてはこちらに書いてあるので参考にしてください

とにかく繰り返し読んで流れを覚えます

単語は後回しでもいいです

とにかくなぜそれが起きたのか?とか、それが起きてどうなったのか?とかを考えながら読んでみてください

この音読だけでもしっかりやればセンターレベルの模試なら7割以上はとれ始めると思います

8割取るための勉強法  理解のためにオススメの参考書

しかし教科書だけだとなぜそれが起きたのかとかがわからない時があります

そういう時にオススメの参考書は「ナビゲーター世界史B」です

これは世界史の出来事を丁寧に解説してくれています

勉強しててわからないところがあったらこれを読んでみてください

大抵のことは書いています

教科書は必要最低限のことしか書いていませんがこの参考書は筆者の体験談とかもあって楽しく読めます

空いた時間にも読むようにしましょう

4冊と多いですが受験には必須の参考書でしょう

しかしこの参考書の難点は地図が少し少ないことです

そういう時は「最新世界史図説タペストリー」を利用しましょう

created by Rinker
¥957
(2019/12/10 08:11:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

この図説は学校でも使っているという人が多いかもしれません

学校で別の図説を使っているという人はそれでも構いません

大事なのは地図をしっかり確認することです

センターの世界史というのは結構地図問題は結構でます

案外そこを見逃している人が多いんですよね

そこで差がつきます

そういうところで合否が決まるのです

その出来事がどういうところで起きたのかめんどくさいかもしれませんが

一回ごとに確かめていきましょう




オススメの単語帳

そして流れを確認したあとはやはり単語は覚えないといけません

そういう時には一問一答の単語帳を使いましょう

ここでは二つほど紹介します

東進の世界史一問一答

この参考書は単語のレベルが少し高いのでセンターだと少し持て余すかもしれません

しかしこれをしっかりやるとセンターは95点以上は確実に取ることができます

使い方は次の記事を参考にしてください

東進の世界史の一問一答の効果について書いてみた

 

山川の世界史一問一答

created by Rinker
¥810
(2019/12/10 08:11:06時点 Amazon調べ-詳細)

これは基本的な単語が多いです

もちろん難しい単語も結構あります

少し欠点があるとすれば面白みがないところですね

ひたすら問題が続いているので飽きるかもしれません

もちろん他にも色々単語帳があります

自分に合ったものを探してみてください

9割取るための勉強法 赤本を解きまくる

これまで紹介した勉強法や単語帳をしっかりできた人は8割、もしくは9割近くまでとれるようになっているはずです

しかしここで油断したらいけません

ここからは実際に赤本をどんどん解いていきましょう

これには2つの理由があります

アウトプットができる

問題形式に慣れることができる

アウトプットができる

覚えたつもりでいるんだけど全然点数が伸びないという人は大抵アウトプットが足りていません

アウトプットとは実際に問題を解いたりして覚えることです

しっかり暗記するためにはこのインプットとアウトプットを両方やるというのが大切です

どちらもかけてはいけません

赤本を解くことによってアウトプットがしっかりできて記憶に定着します

そうすることによって安定して点数が取れるようになります

問題形式になれることができる

どんなに知識をつけても本番で点数を取れないと全く意味がありません

そのために赤本をやりまくってとにかく問題形式を頭に叩き込んでおくのです

そうすることによって本番でも焦ることなく問題を解くことができます

 

世界史はやりすぎたらいけない

 

基本センターの問題は今紹介した参考書と教科書さえあれば高得点が取れます

しかしまだ不安という人がいるでしょう

そんな人に話して起きたいのは世界史の勉強の原則です

世界史はやりすぎたらダメということです

世界史の問題で9割を取れるようになったらあとはその点数をキープできる程度に勉強して他の勉強に時間を回してください

世界史は100点は取らなくていいのです

90点から100点にあげる労力より他の科目を60点から90点にあげる方が楽です

受験は合計点が勝負です

決して1科目が良かったからといって合格になりません

もちろん配点というものがありますが、、

しかし配点が高くなるのは大抵英語とか数学とかです

そういう科目がやはり大事になってきます

その科目にできるだけ時間を回しましょう

 


 

世界史は苦手という方はまずその苦手意識を取ることから始めてください

そこからはグーンと成績が伸び始めるはずです

世界史が楽しくなってくるでしょう

参考になったら嬉しいです

 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
toy0628@
暇でプログラミングをしていることが多めな大学生。色々なものを作ることが好き