社会の勉強法

早慶の世界史で8割を取る方法

皆さん、こんにちは!ツッツーです!

今日は世界史の勉強法について語っていきたいと思います

今日話すのは教科書も一問一答も問題演習のもやった人向けなので

まだやってないよ〜という人は次の記事をみてください

早稲田や慶応レベルの世界史と日本史の勉強法

投信の世界史の一問一答の効果について書いてみた

早慶に受かるために厳選した世界史、日本史の参考書

この段階まできたらあとは赤本をやりこむだけです

正直ここまでやっても早慶なら全然わからない単語とか出てきます

「オタクしかわからんやろ、、」みたいな問題が出てくるんですよね




 

じゃあ、どうすればいいのか?

自分だけの問題集を作ればいいのです

やり方としてはまず自分で赤本を解きます

答え合せをします

そして覚えていなかった単語、忘れていた単語があったら全てその単語が

答えになるような問題をノートに作ります

それを毎日見ます

これをやり込めば早慶の世界史、日本史でも8割は安定して撮れるようになります

そしてここでのポイントは様々な学部の問題を解くことです

自分が例えば経済学部に行きたいと思っていても商学部の問題とか文学部の問題とかといてください

早稲田の問題でも慶應の問題でもいいです

学部によって結構難易度が違います

自分にあったのを選びましょう

これを解けば解くほど知識が上がって行きます

世界史オタクに近づいていきますねw

また問題形式への慣れることも大事になって行きます

慶応の商学部の世界史は穴埋めです

それに対して経済学部の問題は論述と選択問題が多めです

そういう風に各学部の問題形式を捉えることが大事です

そのほかにもどういう時代の問題が出やすいのかとかも過去問でつかむことができます

とにかくやりこむことが大事です

私は合計で50年分はやったと思います

間違えた問題で作った自分だけの問題集は3冊を超えました

難しい問題でも予測して解け始めるようになりました

それくらいやってください

もちろん他の科目との兼ね合いが大事です

世界史ばかりやって英語や国語をおろそかにするといけません

結構言っていて聞き飽きたと思いますが私立文系にとって英語が一番大事です

これだけは忘れないでください

私は英語の勉強の合間に世界史をやっている感じでした

そしてもう一つ大事なのは自分で作った問題集はきちんと復習してください

やりっぱなしで苦手な問題をそのままにしておくと意味がありません

間違えたというところは自分が苦手ということです

そこをしっかりやると点数が伸びます

それを受験の前日まで続けていってください

受験会場にも持っていくと自分はここまでやったんだから大丈夫と思えますよ

参考になったら嬉しいです!




 

 

 

 

 

ABOUT ME
toy0628@
部活を最後までやりきり、3年の8月から早慶を目指す 偏差値は50程度でE判定の連続だったが、塾にも行かず独自の勉強法で秋以降に成績が大幅に上がる そして現役で早稲田と慶応へ合格を果たす 現在は慶応で大学生活を謳歌中