勉強のやる気の上げ方

受験生は夏をどう勉強して過ごせばいいのか




こんにちは!つっつーです!

今日は受験生にとって大事な大事な夏休みの過ごし方について紹介したいと思います、

夏休みって言うと、けっこう時間がだいぶあるように感じます、

しかし過ごしてみると意外と短いのです、

計画を立てておかないと無意味に終わってしまいます、

どういう風に夏休みの予定を立てればいいのか??

じゃあ、どういうふうに予定を立てていけばいいのか、

私の経験から語っていきます、

私は高2の夏休みは野球漬けであんまり勉強しませんでしたね、

宿題で精一杯でした、

しかし高3の夏はそうはいきません、

自分の偏差値を考えると夏を死ぬ気で勉強しないと絶対間に合わない状態でした、

でも何を勉強すればいいかわからない状態でした、

そのため最初は何をやるか考えることから始めました、

今思うとこの考えることをせずに闇雲に勉強を始めていたらあまり成績は伸びていなかったでしょう、

計画は大事ですね、

まず何から考え始めたかというと自分の立ち位置を確認することです

自分と志望校の距離を見極めてください、

赤本を解いていない人は1度解いてみてください、

赤本をいつやるべきか 使いかた

そして各教科ごとに対策と何の参考書をやったらいいか考えていきます、




まず受験生が夏に読むべき参考書

私は参考書は「E判定から大逆転勉強法」中経出版 という本を参考にしました、

created by Rinker
¥1,760
(2019/10/17 02:37:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

この本は本当に自分の受験勉強の上で参考になりました、

この本は1度買うことをおすすめします、

大いに受験勉強に役立つでしょう、

どんな参考書を使えばいいか細かく段階ごとに紹介してくれています、

どんな参考書を買えばいいか迷った方はまずはこの本を買ってみましょう、

話を戻すと、赤本をやって単語とか文法から始めないといけないと感じた人は夏休みは毎日単語帳何ページやる!という風に決めてください、

単語の勉強法が知りたいという人はこちらをみてください

英語の勉強法 英単語の覚えかた 前編

英語の勉強法 英単語の覚えかた 後編

そこで注意なのは具体的なページを決めることです、

毎日単語やるだけじゃけっこう弱くて辞めてしまうかも知れません、

最初から1日何ページやると決めておいてください、

それは入試と逆算して決めてください、

1日何ページやると何週間で終わるという風にゴールから計算するのです、

もちろん計画ですから多少遅れても構いません、

1番いけないのは中途半端にやめてしまうことです

1日計画どおりに出来なかったからと言って、嘆かないでください、

そこでやめるのが1番いけないことです、

あまり計画どおり進めすぎようとして肩に力を入れすぎないでください。




何をやるかより怠けずに勉強する方法を考えることが大事

そして何を勉強するかということ以外に決めないといけないことがあります、

それはどうやって勉強を継続させるかということです

これができていないと人は簡単にサボります

私の場合はとにかく人に見られる状況をつくりにいきました、

学校に毎日行ったのです、

学校は私と同様に受験勉強している人が何人かいました、

その人に見られているという感覚から私は強制的に勉強することが出来ました、

もちろん人によっては自分がやる気になる状況が違うと思います、

ひとつ知って欲しいのは思った以上に分はサボるということです、

これは多くの人に当てはまるでしょう、

自分は大丈夫というあなた!

休みの日に勉強をしようとしたけど

いつのまにか携帯をいじっていたということはありませんか?そういうことです

自分が思っている以上に自分はサボるということを頭に入れておいてください!

これがわかっていると勉強の仕方が変わっていきます、

先ほど行ったみたいに強制的に勉強するように持っていけば勝ちでしょう、

その方法を考えてみてください

これは人によって違います、

受験生にとって夏が勝負です!!

有意義な夏休みを過ごしてください

この記事が参考になったら嬉しいです

 

 




ABOUT ME
toy0628@
暇でプログラミングをしていることが多めな大学生。色々なものを作ることが好き