進路の決め方

文理の選択にミスらないために絶対すべきこととは




こんにちは!つっつーです!

今日は文系、理系の選択について話していきたいと思います、

私の大学では高2から文系と理系に分かれて行きました、

ほかの高校についてはよく知りませんが、そういう所が多いと思います、

この選択って割と大学受験においては大事ですよね、

文理の選択によって人生が決まるかもしれない

理系なら文系学部に行くのは難しいし、逆もそうです、

この選択によってけっこう人生がかわってくるのですね、

そんな選択にも関わらず、

テキトーに決めてる人多すぎです笑、

『なんか数学嫌いやし文系にするかー、』

とか

『とりあえず理系いっとこー』とかですね

まぁ、そんなこと言う私もテキトーでした、

「とりあえず理系いっとこー、数学好きやしー、」みたいな感じで決めちゃいました、

そしてそれはとてつもない後悔に繋がります、

私はその後たった2ヶ月で文系に転向することを決意します、

なぜかというと、自分が行きたい学部が理系にはなかったからです、

多くの人が

先に調べとけよっ!!と思うかもしれません、

そうです、全くその通りなのです、

 




文理を選択するときはちゃんと進路について考えてから決めるべき

 

調べていたら、自分が行きたい商学部や経済学部が文系学部だということを知れていたんです、

その結果、めちゃくちゃ遠回りしました、

「数3とか受験使わねーよ、なんのためにやってんだ」とか考えながら授業を受けていました。

単位を落としたら上がれませんし、野球部を辞めらされるのである程度は頑張らないといけなかったです

そしてその間にほかの人と大きく差がついていました、

1年間使わない科目を黙々とやっていたんだから、そりゃあ差がつきます、

この勉強がのちのち大学で役に立ってきているんですが、それはまた今度話します、

そして高3にようやく高3になりました、

「数3から解放!よっしゃーー!」

と思いながら社会の授業に出ると気づきました、

「あ、社会科目一年分遅れてるやん、、」

そうですね、結論からいうと授業がマジで分かりませんでした、

政経でしたけどみんな分かっている前提で進めるんですよね、

みんな1年間やっていましたから、

その状態だったので当てられても、

「ぁ、えっと、、すいません、分かりません、、」

という感じでした、

最初からちゃんと選択しておけばよかったなぁとその時は心の底から思いました、

ちゃんと文理選択をしていなかったツケがこの時まで回って来たのです、

今なら笑い話で済むのでいいですが

当時はやばかったです、

ほかの人に比べてめちゃくちゃ遅れてるなぁと思っていました、




自分の行きたい学部を中心に文理は選択しろ

言いたいのは

文理選択はしっかり考えてやれ!ということです、

その時は出来れば自分の行きたい学部を優先した方がいいです、

自分が数学が苦手だとかは勉強すれば克服できます、

しかし学部は変えることは出来ません

文系なら理系で受験することは難しいし、逆も同じです、

自分が本当に何をしたいのかということを胸に手を当てて考えてください、

そのためには情報が必要です、

どんな大学や学部があって、それを受験するためにはどういう科目が必要なのかをしっかり調べてください

誰も責任を取ってくれません、

下手したら一生が決まる選択です、

自分でやれることはできるだけやりましょう、

決して私みたいにはならないで下さい笑

参考になったら嬉しいです!

 




ABOUT ME
toy0628@
部活を最後までやりきり、3年の8月から早慶を目指す 偏差値は50程度でE判定の連続だったが、塾にも行かず独自の勉強法で秋以降に成績が大幅に上がる そして現役で早稲田と慶応へ合格を果たす 現在は慶応で大学生活を謳歌中