オススメの参考書

漢文ってどう勉強したらいいの?そんな人に漢文の勉強法教えます!





こんにちは!ツッツーです!

今日は漢文の勉強法について解説していきます、ぶn

みなさん、漢文をちゃんと勉強していますか?

漢文はめっちゃコスパがいい

なんか漢文ってあんまり勉強しないという人が多いですよね、

なぜですかね、まぁ、そういう私も漢文はけっこう後回しにしてしまっていました、

漢文なんか勉強するより他の科目した方がよくね?

でも、途中で気がついたんですよ、

漢文というのはめちゃくちゃコスパがいい科目だということを、

センター試験でいうと漢文は配点は50点ですよね、

これってよくよく考えるとすごくないですか?

だって古文と同じ配点なんですから、

古文と漢文では暗記量がはるかに違います、

まず古文は400ほどの単語を覚えることが必要です、

しかし漢文は覚えても数十個程度です、

また英語と比べるとその差は歴然としています、

また、古文は他にも助動詞の活用や意味や接続など文法をしっかりやらないといけません、

それに比べても漢文ははるかに覚えないといけない量が少ないです、

つまり

漢文は少ない勉強量で高得点が期待できる科目なのです!!

どうですか?漢文に対するやる気がふつふつと上がってきませんか?

そんなあなたは思うでしょう、

じゃあ漢文って何を勉強すればいいの?

そこで漢文は何をすればいいかを解説していきます

 


Studying Signs / Tingsteph




句形を覚える

漢文の勉強の半分以上を占めるといっても過言では無いと思います、

句形というのは否定形や反語などといった決まった形のことを言います、

これを覚えることで大抵の問題は解けるようになります、

まあ、それ以前に書き下し文とか訓読文とかレ点とかの知識が必要ですが、、

たとえ早稲田の問題であっても句形さえわかれば解ける問題が多いです、

この時点で句形とはなんだ?という人がいるかもしれません、

具体的に説明していきます、
たとえば

不必Aみたいな文です、、これで必ずしもAせずと読みます、

このような句形を覚えておかないと解けない問題がセンター試験には多いです、

ではどういう風に覚えれば良いのか、

例文をひたすら音読して暗記する方法がおススメです

読者の中には「また音読かー、、」と思った人がいるかもしれません

この音読というのをなめてはいけません

英語もこの音読が使えます

ぜひ下の記事を読んでください!!

英語の音読の効果について調べてみた

話はそれましたが結局言いたいのは語学は声に出して覚えろということです

不必帰 必ずしも帰らず という文章があったとしましょう、

これを繰り返し声に出して読みます、

このことで漢文の句形とともに読む順番も覚えることがの出来ます、

私がオススメする参考書は

三羽邦美先生著の「一目でわかる漢文ハンドブック」です!!

 

この本はとにかくコンパクトでやりやすいです、

分厚い参考書だとやろうと思ってもやる気がでませんよね、

本書は驚くべき軽さです、

かといって内容がないわけではありません、

内容がつまっています

私は漢文の参考書はこの一冊しか使いませんでした、

しかしセンター試験や早稲田の問題にも十分対応できました

これ一冊を完璧にする事で漢文の点数は劇的に上がるでしょう、

本書の使い方はまず句形の説明を見ます、

納得したら例文が横に一つずつついてあるのでそれを音読するという感じです、

これを繰り返します

漢文は量は少ないので割とすぐに一周できると思います

漢文をめんどくさがってるあなた!後悔しますよ

漢文をやる事で一気に国語が得意科目になるかもしれません、

何度も言いますが漢文はコスパがいい科目なのです!

やらないと損です、

そして一回仕上げるとずっといい点が取れます、

ぜひ漢文の勉強を始めてください!




ABOUT ME
ツッツー
暇でプログラミングをしていることが多めな大学生。色々なものを作ることが好き 暇なのでLINE@で勉強の相談とか乗っています。お気軽にメッセージどうぞ。 https://lin.ee/ezKSHCj