英語の勉強法

早慶レベルの英語の長文を読めるようになるためにすべきこと





こんにちは!ツッツーです!

今日は英語について話して行きたいと思います!

みなさん、単語と文法の勉強は進めていますか?

進めていないという人はまずこの記事を見てください

 

英語の勉強法 英単語の覚え方 前編

英語の勉強法 英単語の覚え方 後編

 

今日は長文の勉強法について話していきたいと思います、

正直、単語と文法をしっかり勉強して行ったら長文はそこそこ読め始めると思います、

結局英語は単語を多く覚えた人が勝ち的なところがありますから、

しかしそれはセンターレベルまでの話です、

センターより難しいところになってくるとやはり

単語、文法が完璧になってそこからスタートになっていきます

特に慶應の英語は日本でも最難関と言われています、

文法や単語はちゃんとやっておかないとスタートラインにすら立てません

しかしどんなに単語帳を完璧にしても慶應や早稲田レベルだと絶対わからない単語が出てきます

そんな時にどうすればいいのか?今日はそういう話をしていきます、

長文は全てを完璧に読む必要は無い

長文というのは全てをしっかり読む必要は無いのです、

緩急をつけて読む必要があるのです、

これは慶應、早稲田の英語は時間勝負というのが関係してきます、

全てをしっかり読んでいたらとてもじゃないけど問題を解き終えることができません、

もう一回言います、

全てを完璧に読む必要は無いのです

問題に関係しているところをちゃんと読めば解ける問題が多いです、

じゃあどうやってその読むべき箇所と読まなくていい箇所を判断したら良いのか、

それは慣れしかありません、

長文を解きまくって自分でつかんでいくしかありません、

もちろん原則というものは存在します、




英語の長文は段落の最初と最後を読め

もちろん全てがそうなっているわけではないので注意が必要です

しかし大事なことは段落の最初と最後に書かれていることが多いです。

そして次に注目することは接続詞です、

接続詞とはbutとか、howeverとかがあります、

そういう語句が来た時にはチェックが必要です、

接続詞の重要性についてはまた話していきます、

とにかくここで言いたいのは全てをしっかり読む必要は無いということです、3回目ですね笑




文脈で意味を判断する

文脈で判断するというのは私たちも日頃からやっていると思います、

たとえば説明文で飲酒が健康に悪いということを説明していたとします、

そこで具体例がでたとします

当然この時その具体例は飲酒が健康に悪いことを示す例だということはその部分を読む前からわかりますよね、

それは英語の長文でも適応できます、

話の流れから次の文を予測するのです!

予測しながら読む時と予測せずただひたすらに読む時とではスピードが全然違います

またその文章に対する記憶も全然違います

問題を解いている時にこういう話だったなとすぐ思い出すことができ、スムーズに問題を解くことができます、

慶應の英語の文章は長いので読み終わった時に案外忘れている箇所が多いんですよね、

そうなればもう一度読み直さないといけない、

そこで時間のロスが生まれるのです、

ロスを出来るだけ減らすことが必要になっていきます、

この文脈判断をする事でわからない単語も予測できるようになっていきます、

そしてこの文脈判断には国語力も必要になって来ます、

話の展開を読むことは国語を勉強しないと身につきません、

つまり英語と同時に国語も勉強しないといけないのです

案外これをやっていない人は多いです、

国語をおろそかにしている人は注意が必要です、

国語を上げることで同時に英語も上げることができます!まさに一石二鳥です、

他の人と差をつけることができるでしょう、

英語と同時に国語を上げることを忘れないでくださいね、




ABOUT ME
toy0628@
暇でプログラミングをしていることが多めな大学生。色々なものを作ることが好き