受験のテクニック

受験勉強の計画の立て方で大学に合格できるかどうかが決まる!!





こんにちは!ツッツーです

今日は受験勉強の計画の立て方について話していきたいと思います、

みなさんはいつ頃から受験勉強を始めましたか?

高3になって始める人が多いと思います、

部活をやっている人はもしかしたら、5月、6月ぐらいからかもしれません、

私は野球部だったので始めたのは高3の8月の最初でした、

今思えば、圧倒的に遅かったんですよね、

受験勉強は早く始めれば始めるほどお得!

やはり受験勉強というのは
早く始めれば早く始めるほど得です
だってマラソンで言えば早めにスタートしていることと同じことですから、

その分、ゴールに早く着くのは当然です、

最速ルートを全力で駆け抜ければ始めるのが遅くても逆転可能?!

しかし私みたいにスタートが遅くても先に行っている人を追い抜かしてゴールする方法があります、

それは最短ルートを全力で駆け抜けることです!

つまり勉強のを人よりあげることが必要になって来ます、

成績はよく言われるように質かける量で決まっていきます、

逆転するにはどちらか片方が足りないとだめです、

質だけ良くても量がないとだめだし、量だけ増やしても全然いい勉強法じゃないとダメです、

私は塾に行っていなかったので、正直この質の上げ方が手探り状態でした、

そして受験勉強を始める前にとにかくこの勉強法を調べまくりました。

今思うとこれがなかったら、絶対合格していなかったと思います、


Studying / Aaron Jacobs

一教科ずつ勉強法を調べそれを自分に合うように実践して行きました、

この自分に合うようにというのが大事なポイントです、

正直他人の勉強法が全て自分に当てはまるかというと、必ずしもそうではありません、

他人はこれをやったらいいというけどそれが自分に合わないなと感じたらすぐに別の勉強法を考えましょう、

もちろん1日、2日で効果が出る勉強法なんてありません、

継続して徐々に成績が上がってくることがほとんどです!

まぁ、そのあたりの判断が難しいですよね、

この勉強法は合わないと判断する時はスパッといきましょう、

無駄な勉強は時間のロスです、

どの科目をどれくらいやるのかをしっかり決めておく

あと今日言いたいの

どの科目をしっかりやるのか決めろ!!

ということです、

もちろん、全ての科目を満遍なくやれたらそれが一番いいです、

 

しかし時間がない状態なら、やはり集中してやる科目と平均点ぐらい取れればいいという科目を選ばないといけません、

例えばセンター試験で数学は50点しか取れないけど、

世界史は90点以上は取れているという人は

もう世界史は点数をキープするという気持ちで勉強しましょう、





その分の時間を数学に回しましょう、

世界史をもっとやれば100点を取ることができるでしょう、

しかし仮に取れたとしても数点ぐらいしか合計点に影響がありません、

その時間を数学に回せば、数十点の伸びが期待できるでしょう、

このように自分の今の点数を考えながら、

各科目の勉強の配分を決めていってください、


The New Study / KevinJump

志望校の配点も勉強する上で大事な要素

また、もう一つ決める要素があります、それは配点です、

例えば私立だと英語の配点が高いことが多いです、

つまり、英語で高得点を取ったらより合格の確率が高まります、

私は私立文系はとにかく英語をやることをお勧めしています、

はっきりいって合格を決めるのは英語だと思っていてください、

もちろん、他の科目もある程度のレベルに最低限到達していないと絶対合格はありません、

でも慶應と早稲田はまずは英語ということを絶対に忘れないでください

まずは何をどれくらい勉強するのか決めていきましょう!

 




ABOUT ME
toy0628@
暇でプログラミングをしていることが多めな大学生。色々なものを作ることが好き