社会の勉強法

世界史は何から勉強を始めたらいいのか?




こんにちは!ツッツーです!

今日は早稲田や慶応の世界史の勉強法について話していきたいと思います

もちろん日本史でも対応できます!

 

僕は世界史を選択していましたがやはり早慶のレベルになると

これ、誰もわからんやろ、、という問題がけっこう出て来ます

センターレベルの知識ではとても太刀打ちできないです

しかしやはり基礎がしっかりしてないと始まりません

 




序盤はインプットを中心で勉強していく

 

これから始めるという人はまずは基礎を完璧にするということをしてください、

暗記にはアウトプットインプットの二つの方法があります、

知識がない前半はインプット中心で進めていきます、

そして入試が近づくにつれアウトプット中心の勉強をするということをおすすめしています、

これはなぜかというと

知識がない状態で問題演習とかやっても意味があまりないからです

ほぼ解けなくて赤ペンで直すばかりになってしまう、

それなら先に覚えた方が効率がいいです、

もちろんずっとインプットじゃなくて少しずつ演習をやることも大事です、




教科書の音読は歴史の流れを押さえるのに必須

覚え方として最初は教科書の音読をおすすめします

 

僕の周りにけっこう居たんですが、教科書やまとめノートとかに蛍光ペンにチェックをつけたりしている人やすべてをノートに書き写す人、

これはおすすめしません、

なぜかというと、作業になっているんですよね、

覚えることよりもチェックを入れたりノートをきれいに書いたりすることが目的になっている場合が多いです

覚えているつもりでもたいていはそうなってしまいます、

そして時間だけが過ぎていきます、

これは避けるべきです

音読というのは自然に頭に叩き込むことができます、

みなさんも歌詞とか口ずさんでいるといつのまにか自然におぼえていますよね、

そういう感覚です、

同じ文章を何度も読むことでで覚えていきます、

また文章で覚えて行くので流れがわかるようになります

なぜこれが起きたかとか頭に入っていると暗記しやすいです、

そしてなぜ教科書がいいのかというと、

 

それは 教科書が一番いい参考書だからです

 

 

他の参考書も確かにやる必要は出て来ます、

しかし教科書というのは、余計なことはほとんど書いていなくて一番綺麗にまとまっているんですよね、

つまり一番効率よく覚えることができます

基礎を作るのに一番適しているというわけです

、そのため、一番最初は教科書をおすすめしています、

どういう風に教科書の音読を進めていけばいいのか??

例えばこんな感じで進めていきます、

1日に30ページ読むと決めます、そしてそのページを5日間読みます、6日目からは次の30ページに行くという感じです、

ページ数や何日間読むかは入試の日から逆算して決めてください

ここで注意ですが、

絶対に何ページかに区切ってやってください

 

教科書一周してから2回目となると間が空きすぎてしまいます

そうするとあまり意味が無くなってしまいます、

1日で読むことのできるページ数を毎日続けることが大事です、

私はこの方法で模試の点数が50点から90点に上がりました、

最初は声に出して読むというのは疲れると思います

しかし慣れてくると思ったより楽です!!

学校とかでは無理だと思うので、家でやってみて下さい!

 




ABOUT ME
toy0628@
暇でプログラミングをしていることが多めな大学生。色々なものを作ることが好き