国語の勉強法

古文の単語と文法を完璧に覚えるためにすべきこととは?!





こんにちはー!ツッツーです!!

今日は古文についてお話していきたいと思います

前に古文は最低限の暗記が必要だと書いたと思います

なので今日は単語や文法について話していきたいと思います

古文単語は毎日多く触れろ



単語を覚える上で大事なのはとにかく繰り返して見ることです

ではどう繰り返し見るためにどうすればいいのかを話していきます

 

英単語も同じ覚え方で対応できます

もう忘れない!!受験勉強に必須な暗記法

なぜ早慶は英語ができないと受からないのか?とにかく最初は単語と文法を完璧にしろ

この記事に詳しく書いているので参考にしてください

 

最初に1日単語帳何ページ進めるか決めます、

これは入試までの時間とか考慮して決めるといいでしょう

受験勉強の計画の立て方で合否が決まる

この記事を参考にして決めておいてください

 

1日目;最初の1章をやります

2日目;1日目の復習と2章目を進めます

3日目;1、2日目復習と3章目を進めます

繰り返す

 

この感じで進めると

単語帳1周終わるうちに同じ単語を何回も復習出来て定着できます、

 

どんどん量が増えていくのできついと思うかもしれませんが、そんなことはありません

見た回数が増えるにつれて復習にかける時間が減っていくからです

最初は20秒くらいかかっていたものが10秒、5秒とどんどん減っていきます、

単語帳の終盤になると最初に覚えた単語は1秒くらいで復習出来ると思います

とにかく毎日見ることが大事なのです

1回覚えたつもりでもそれは短期記憶にすぎません

1週間ぐらい経つとすぐに忘れてしまいます

しかし、毎日見て長期記憶にするとなかなか忘れません

その状態にすることが大事です、

定期テストではたしかに徹夜とかで覚えたりして対応できました、

それは範囲がせまかったからです

範囲が膨大な入試試験になるとそれは不可能です、




単語帳は実際に文章が入っているのを買え



単語自体はさっきの覚え方でいいですか

もう一つ同時に進めてほしいことがあります

それは文での暗記です

文章が入っている単語帳を買ってください

私が使っていた単語帳は「実践トレーニング 古文単語」著者 山本 康裕です

文章で単語を覚えることにはいくつか利点があります

 

文章で覚えることによって忘れにくい

単語だけではなく、文法などを確認することができる

単語帳は有名な原本のフレーズが多いので入試で同じ箇所が出やすい




文法は助動詞をまずは完璧にしろ



早稲田では文法が完璧に出来ていないとやはり文をしっかり読むことが出来ません、

意味を聞いている問題でも実質、文法を聞いているという問題はたくさんあります、

そういう問題は多くの受験生はしっかり取ってきます

そこで差をつけられないようにしましょう!!

特に助動詞は完璧にしておいてください、

助動詞の覚えるべき点は意味活用接続です、この3点をまず完璧にしましょう

文法もやはり反復しかありません、

とにかく繰り返してやることが大切です、

ここをおろそかにしてはいけません

ここをおろそかにすると後で痛い目を見ます

私がおすすめする文法の参考書は

「吉野式古典文法スーパー暗記帖完璧バージョン」 吉野敬介著 です

これを声に出して読んでみましょう

何回も反復して自然に言えるぐらいまでやりましょう、

またこの巻末には助動詞の活用などがのせてあります、そこもしっかり覚えておきましょう

序盤にどれだけ早く単語、文法を完璧にできるかが古文を得意にするかの分かれ目です!!

ここの暗記は避けることはできないので逃げずに頑張りましょう!!

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました

 




ABOUT ME
ツッツー
暇でプログラミングをしていることが多めな大学生。色々なものを作ることが好き 暇なのでLINE@で勉強の相談とか乗っています。お気軽にメッセージどうぞ。 https://lin.ee/ezKSHCj